行政書士試験対策講座を、駅名とキーワードで探せる! → 今すぐオンラインで体験予約できる!

行政書士試験対策講座.Starting.jp >  東京 >  行政書士試験講座・行政ラボ

行政書士試験講座・行政ラボ(東京)

会場マップ | 料金プラン | キャンペーン情報 | 無料体験レッスン

初心者の方へのメッセージ

憲法や民法など法律の基礎を学びながら、合格後は、本人のやる気次第で広い分野で、活躍できる行政書士試験。
法律の世界に興味を持っている人には、うってつけの試験です。難関資格取得のためのステップにもなっています。
直近合格者だからできるアドバイスとともに、一緒に勉強していきましょう。

レッスンはこんな感じです

この試験は絶対評価の試験です。180/300点とれば必ず合格することが出来るのです。ですが、確実に合格したい、ということであれば、200点オーバーを目指す必要があります(理由は採点時に大きな裁量が働く部分があるからです)。
最初に、23年度の試験の概要と自分が採った勉強方法と結果についてお話できればと思います(228点で合格しました)。
そして、本試験までの大まかなスケジュールを考えましょう。

当初はテキストや判例や六法になれるまで受身になりがちかもしれません。
その日のうちに、解いてもらう該当範囲の過去問にも戸惑いを感じるかもしれません。
イメージとして夏休み以降には自分の得意、不得意を把握して、大手スクールの模試を利用しながら、必勝パターンを確立していきます。ここで大切なのは結果に振り回されないことです。
あくまで試行錯誤の場として自分の課題を明確にして臨むことが肝要です。
そして、勉強への関心が高まると自然に勉強量も増えていきます。
そんなときこそ、過度の深堀を避けるためにも、一般教養&記述式対策を意識的に増やします。

柔軟性に富むスクール形式にはないメリットを最大限活かして、資料の検索方法や図書館情報など時機に応じたアドバイスをしていければと準備しています。


大切にしていること

 法律学習は全体を俯瞰しながら、螺旋階段を昇るように知識を集積させて行くことが理解への早道です。

 はじめのうちは、周囲の景色は単調で、同じにしか見えないかもしれません。が、気がつくと、高い場所にたっており、眼下に広がる風景を楽しんでいるご自身の姿を想像してみてください。

 そして、試験前日までに何をすべきかが見えたなら合格はあなたの掌中にあるも、同然です。行政書士試験合格に向けての離陸をお手伝いします。

会場マップ



料金プラン

体験レッスン(60分)

0円(カフェでの受講の場合、ご自身の飲食代が必要です。)

入会金

8,000円

ベーシックコース

60分×月2回コース:9,800円
60分×月3回コース:14,700円

エントリーコース

60分×月4回コース:19,600円
60分×月5回コース:24,500円
60分×月6回コース:29,400円

プロフェッショナルコース

60分×月7回コース:34,300円
60分×月8回コース:39,200円

カフェでの受講の場合、ご自身の飲食代が必要です。

キャンペーン情報

無料で1レッスン!プレゼントキャンペーン実施中

今すぐ無料体験レッスンお申込み

都道府県から他の行政書士試験対策講座を探す

東京   神奈川  

近くの駅で他の行政書士試験対策講座を探す

渋谷  町田  青葉台  飯田橋  六本木  横浜  九段下  神保町  

レッスン形式

講師と1対1のマンツーマンレッスン
曜日と日時を毎回選べるフリータイム予約制

このスクールを無料でお試し

体験レッスン実施中!

まずは無料で体験レッスンを受けてみる

講師プロフィール

講師写真

前田 宏興

都内法学部を卒業、研究室生を経て、法律専門学校等勤務。現在、企業組合にて事業担当を担う。平成24年1月行政書士試験合格。多くの受験生や実務家と接する機会があり、初学者にも、かゆいところに手がとどくようなアドバイスから、資格取得後のガイドまで、直近合格者だから有するネット上の情報の収集、参考書の紹介、過去問・各スクール模試の利用法等とかく単調になりがちな資格試験の勉強を乗り切るノウハウを伝授します。合格後も、ビジネス上の良きパートナーになれるよう切磋琢磨ができる関係を築けていければと期待しています。

開講時間

土曜: 15:00〜21:00

受講に必要なもの

・カフェ利用時のご自身のドリンク代
・筆記用具

※お持ちであれば、教科書等、レッスンで使いたい教材をご持参ください。(お持ちいただかなくても、ご受講いただけます)

Powered by Cyta.jp 行政書士試験対策講座

スクールいちおし

行政書士の業務: その拡大と限界

「行政書士の仕事とは何か」 それを公法学者が、解説している書籍です。
常に業際問題がつきまとうなかで、法律隣接職種の現実について、改正行政書士法の立法経緯周辺にさかのぼるなど明確かつ具体的な叙述により、一気によみすすめることができます。巷間、行政書士向けに、開業マニュアルなるプロモーション書籍が氾濫しているなかで、弁護士としても活躍されている斯界第一人者が、きびしさのなかにも、行政書士の業務に理解を示す、実務解説書です。

判例六法

条文と著名判例の位置づけが一目瞭然。判例検索の際のメルクマールとしても重宝します。
試験勉強のアドバイスのなかで、情報の一元化とよくいわれますが、その意味でも、お奨めします。通常ですと晩秋には翌年版が発刊されます。追補によるフォロー体制もあり、安心です。【表示は25年版です】